たのしくも悩ましき、春の夢

もうすぐ不惑のひとの、惑わないブログ

更新が1日空いてしまって、つらつら考えたこと

お題「ブログをはじめたきっかけ」

f:id:happysad88:20180414164059j:plain

ミッドタウン日比谷より

 

先日、更新が1日空いてしまった。100記事に到達するまでは毎日書いてUPしようと思ったのに、できなかった。

できなかった理由は分かっている。イベントがある日は書く時間を取るのが難しいなと、もともと分かっていたのだ。分かっていたのに、対策を取らなかった。

下書きにストックを用意しておくとかすればよかったものを。

 

でも、これでやる気がなくなったかというと、そうでもない。

私は自分で思っているより文章を書くのが好きなのかもしれない。ていうか、書くのが好きじゃなきゃ、他の何を私は好きなんだ?なーんにもないぞ。

ちょっとつまづいたら、もうダメだ〜となるをやめたいと思う。そんな事していたら何にも出来なくなってしまう

0か100しかないなんて、自分に厳しすぎる。

わたしが期待する程、わたしは出来がよくないのだ。それは仕方がないじゃないか。

そもそも、わたしは何でブログが書きたいんだっけ?

 

さて本題

わたしがブログを始めたきっかけ

それは年々、時の流れを体感するのがめっっちゃ早くなってることに、しみじみ恐ろしくなったから。

特に30歳を過ぎてから、5年くらいしか経っていない気がするんだけど、わたしは今年40歳になる。

え。

うそだよね?

て言いたくなるけど、時間が10年分過ぎれば10年後になるのだ。あたりまえ

問題は、その時間の流れを体感できてないってこと

 

昨日の事は覚えている。でも先月のイベントのない日に何をしていたのか、ぜんっぜん覚えていない。

あの時間はどこへ行ったのだろう?と思う。誰も覚えていない、自分の中にも何も残っていない時間たち。

ブログを書けば、その日思ったことを、その日に生まれた何かを、感情やら想いやらを残せると思ったのだ

大好きな街とか、そこで出会った作品とか

あとで読み返して、ああこの頃はこんなこと考えていたんだね、て分かるように

 

あとは、自分みたいな人って結構いるんじゃないかと想像してるんだけど、実生活ではあまり合わないので、出会ってみたかった。

わたしは結婚はしてない。子供もいない。小学生くらいの時、何となく自分は親にはならないだろう、と直感した。その直感は現在進行形で当たり続けている。

じゃあ仕事はというと、就活に失敗した事もありずっと非正規で行きてきた。キャリアとは程遠い。

あるのは健康で丈夫な体ひとつだけ

〝スペック〟でいうと、ものすごくなんにもなくて、そのことだけで見ると、我ながらヒサンーと思うんだけど、毎日けっこう楽しく暮らせている。

よく氷河期世代の記事が出ると、なんかものすごく暗い内容じゃないですか。

可哀想になあとか思うんだけど、よく考えたらわたしも氷河期じゃん、非正規じゃん、みたいな不思議な感じで、世の中で何が起こっているのか、よく分からなくなったりする。

自分みたいな人、周りにいないこともないんですよ。でも大抵みんな実家暮らしなんですよね。

使えるお金が段違いで、ちょっとだけ羨ましかったり。でもひとり暮らしの気ままな自由を手放せる気がしない。

自分みたいな人がどんな事考えて、どうやって家計をやりくりして暮らしているのか、記事を通して知りたかったわけです

 

ブログを初めてまだ半月ですけど、本当にいろんな方がそれぞれの人生を歩んでおられるんだなあと、月並みですけど思います。

ブログって、勝手にみんなで編纂している、現代版【遠野物語】なのかも

そしてそれは日々増殖していて、自分もその中に加わりたいな、と思ってます

まだまだはじめの一歩を歩んでる途中、て感じなのですが、どうぞよろしくお願いいたします